4月21日(水) | The 4th International G5-conference

The 4th International G5-conference

がん細胞は、どのように増え続けるのか 筑波⼤学実験病理学研究室 教授 加藤光保先⽣ (参加申込後にZoomへの招待がメールで届きます。届かない場合はご連絡ください。)
参加申込人数が定員に達しましたので、申込み受付は終了となりました。
The 4th International G5-conference

日時:オンライン開催(Zoom)

4月21日 9:00 – 10:30
The 4th International G5-conference

詳細について

がん細胞は、どのように増え続けるのか

筑波⼤学実験病理学研究室 教授 加藤光保先⽣

がん遺伝⼦とがん抑制遺伝⼦の発⾒以来、がん細胞はアクセルを踏みっぱなしでブレーキが壊れた細胞にたとえられ、そのために持続的に増殖し続けると捉えられています。しかし、実際のがん細胞集団は、増殖動態においてもヘテロな集団で、休眠状態にあるいわゆるがん幹細胞が治療抵抗性や転移や再発をもたらすことも明らかになってきました。このセミナーでは、がん細胞集団の持続的増殖におけるトランスフォーミング増殖因⼦βの役割について解析してきた結果から、私達の体の中でがん細胞はどのように増え続けるのかということに関する演者の現在の考えと今後に残された課題についてお話しします。

参考論⽂(抜粋)

Watanabe Y, Itoh S, Goto T, Ohnishi E, Inamitsu M, Itoh F, Satoh K, Wiercinska E, Yang W, Shi L, Tanaka

A, Nakano N, Mommaas AM, Shibuya H, ten Dijke P and Kato M. TMEPAI, a transmembrane TGF-binducible

protein, sequesters Smad proteins from active participation in TGF-b signaling. Mol Cell. 37:

123-134, 2010.

Okita Y, Kimura M, Xie R, Chen C, Shen LTW, Kojima Y, Suzuki H, Muratani M, Saitoh M, Semba K,

Heldin C-H, Kato M. The transcription factor MAFK induces EMT and malignant progression of triplenegative

breast cancer cells through its target GPNMB. Sci. Signal., 2017, 10 (474), pii: eaak9397.

Chen C, Okita Y, Watanabe Y, Abe F, Fikry MA, Ichikawa Y, Suzuki H, Shibuya A, Kato M. Glycoprotein

nmb is exposed on the surface of dormant breast cancer cells and induces stem cell-like properties. Cancer

Res. 2018, 78(22): 6424-6435.

Hwang J, Haque MA, Suzuki H, ten Dijke P, Kato M. THG-1 suppresses SALL4 degradation to induce

stemness genes and tumorsphere formation through antagonizing NRBP1 in squamous cell carcinoma cells.

Biochem Biophys Res Commun. 2020 Mar 5;523(2):307-314.

参加申込後にZoomへの招待がメールで届きます。

届かない場合は、下記までご連絡ください。

KEK 構造生物学研究センター 増田

cmasuda(at)post.kek.jp ((at)を@に変えてください。)

参加申込人数が定員に達しましたので、申込み受付は終了となりました。