第3回クライオ電顕解析初心者講習会〜データ処理〜 (聴講のご案内)
2月25日(火) | 高エネルギー加速器研究機構研究本館

第3回クライオ電顕解析初心者講習会〜データ処理〜 (聴講のご案内)

会場:3号館1階セミナーホール 申込締切:1月31日15:00
お申し込みの受付は終了しました。

日時・場所

2020年2月25日 10:00 – 2020年2月26日 17:15
高エネルギー加速器研究機構研究本館, 日本、〒300-3256 茨城県つくば市大穂1−1

講習会について

開催概要​ 

 クライオ電子顕微鏡によるタンパク質やその複合体の単粒子解析は、電子直接検出器、位相板、解析ソフトウェアの開発といった技術革新が起こり、分解能革命と呼ばれる時代の中にあります。現在、世界では結晶化の難しいタンパク質複合体などの構造解析を行うための最新鋭の電子顕微鏡装置の導入が進められています。こちら高エネルギー加速器研究機構(KEK)・物質構造科学研究所・構造生物学研究センターにおいても、日本医療研究開発機構(AMED)の創薬等先端支援技術基盤プラットフォーム事業(BINDS)を通じ、電子直接検出器Falcon 3を備えた200 kVの電子顕微鏡Talos Arctica (Thermo Fisher Scientific社) を導入しました。現在は、クライオ電顕の初期トレーニングを行うと共に、施設の共同利用を開始し、ユーザーの方々の構造解析用サンプルのスクリーニングやデータ測定が行われています。  このような状況の下、クライオ電子顕微鏡によるタンパク質の単粒子解析に興味はもっているものの、実際にご自身では解析されたことがない初心者の方を対象に、構造解析ソフトウェアRELION (Sjors Scheres, MRC-LMB)の最新バージョンを中心としたデータ解析講習会を開催いたします。RELIONを使ったクライオ電子顕微鏡による単粒子解析の概要についての講義を含めた解析実習など、各自で実際にStep by Step方式で電顕データの処理を体験していただきます。皆様、ぜひご参加ください。

主催 

  • KEK・物質構造科学研究所・構造生物学研究センター
  • クライオ電顕ネットワーク
お申し込みの受付は終了しました。