E2電顕でデータ測定するためには

 

E2電顕で測定するためには、E2申請ページから申請してアクセス権を獲得することが必要です。

申請には以下のような条件が必要となります。

E2サイトの利用に際しては、BINDSの支援課題であることが必要です。

BINDS外部でスクリーニング(グリッド作成)を行った場合でも、BINDSの支援課題とする必要があります。E2申請の前に、希望するE2サイトを支援サイトとしてBINDS申請をしてください。

E2電顕データ測定

E2申請に関しては、スクリーニングにより得られた画像イメージ等を提出していただきます。単粒子解析においては、Class Averageの画像がそれに当たります。審査員がその画像から、E2電顕でのデータ測定が可能かどうかを判断させていただきます。

Titan Krios等による自動測定や、ご自身でE2電顕を操作しての測定は、E2サイトとの共同研究にする必要はございません(ただし、その後の解析などを依頼した場合は、その限りではありません)。E2電顕をご自身で操作する場合の条件は、各サイトにお尋ねください。

 © 2018 CryoEM Network