Humbelグループ

沖縄科学技術大学院大学(OIST)

イメージングセクション

代表:Bruno Humbel

       (ブルーノ・ホンベル)

沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、イメージングセクション(IMG)において、クライオ電顕による解析支援を提供します。

IMGは、学内の共用研究施設の運営を担う研究支援ディビジョン(RSD)に属しています。OISTの国際的な環境のもと、クライオ電顕による構造解析の専門家である学内の研究者や、科学計算の支援部署とも連携しつつ体制を強化しているところです。

今後、新しく構造解析を始めようとする研究者に対する技術サポートから、専門家に対するビームタイムの提供まで、幅広い支援を展開したいと考えています。

P1対応については事前相談必須
(試料により個別判断が必要。

危険性のあるものは対応できません。)

クライオ電顕関連メンバー

ブルーノ・ホンベル Dr. Bruno Humbel (Imaging Section Leader)
菅野亮 Dr. Ryo Kanno (Electron Microscopy Specialist)
マウゴジャータ・ホール Dr. Malgorzata Hall (Electron Microscopy Specialist)

渡嘉敷瑞貴 Ms. Mizuki Tokashiki (Project Coordinator)

利用可能なクライオ電顕

有効なビームタイムのうち、およそ10%をBINDSのために提供します。

サンプルのスクリーニング等のために、必要に応じて利用可能です。

 © 2018 CryoEM Network