News.jpg

2021年度 蛋白質研究所クライオ電子顕微鏡セミナー

2022年1月25日 4:30:00

開催日時:令和4年1月25日(火) 13:30-17:00
開催形式:Zoomによるオンライン開催

電子直接検出型カメラの登場以来、クライオ電子顕微鏡の分解能は飛躍的に向上し、タンパク質の構造解析手法において必須の技術になりました。蛋白質研究所では2016年にTitan
Kriosが導入され、日本最初の共用電子顕微鏡施設として、本研究所のみならず、国内、国外の多くの研究支援を行ってきました。
5年という節目を超え、より広く本研究所の電子顕微鏡施設とその技術力を多くの方に知っていただくために、本セミナーを開催することにいたしました。
本施設のクライオ電子顕微鏡を利用している各研究室の研究者の発表に加え、RELIONの開発に携わった中根博士によるQ&Aと、本施設のクライオ電子顕微鏡施設及びその利用の具体的な方法についても併せて紹介させていただきます。

参加費:無料 (参加登録が必要です)
参加登録URL https://forms.gle/HmwdjrK32d4dGC1x6

【注意事項】
録画禁止。視聴URLの第三者への転送不可。
【連絡先】
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘3-2
大阪大学蛋白質研究所 電子線構造生物学研究室
Tel: 06-6105-6079(加藤 貴之・久武 瞳)
E-mail: tkato”AT”protein.osaka-u.ac.jp
(”AT”の部分は@に置き換えてください)

News.jpg

第2回 OTAクラブ〜中・上級者向け電顕解析勉強会〜 

2020年1月22日 15:00:00

開催日:2020年1月23−24日

場所 :大阪大学 蛋白質研究所

主催者(敬称略):阪大・杉田

参加者(敬称略):岡山大・加藤、筑波大・宮崎、東北大・横山、東大・包、

阪大:川本、阪大:廣瀬、阪大:常住、KEK・川崎、KEK・守屋



招待講師:名古屋大学・成田哲博先生

テーマ:らせん(フィラメント)解析

内容 :

1. らせんパラメーターの推定などらせん解析全般

名古屋大学成田先生から、らせん解析、特に helical indexing (layer lineの解析) 等について講義


2. らせんのピッキング

crYOLO (Picking filaments) の実習


3. 単粒子解析

らせん対称性を用いた解析(主にRELION)と、 対称性を用いない解析(RELION, cisTEM, cryoSPARC)の情報交換(事例紹介)


4. 原子モデル構築と精密化について情報交換


5.その他、自由討論


高エネルギー加速器研究機構・物質構造科学研究所・構造生物学研究センター
問い合わせ先:029-879-6176

申込
プログラム
cryoemnet.png