F1サイト​電顕

九州工業大学・情報工学部

安永 卓生先生

電顕情報

機種、電子顕微鏡利用の条件:

FEI Tecnai G2Spirit

JEOL 2100

Hitachi EF-2000

いずれもクライオ電顕としても利用可能。

FEI、JEOLは、トモグラフィー撮影も可能

共同研究で無い場合は、利用料が必要

コンサルティングが必要な場合とそうでない場合で、単価が異なる。

利用可能なグリッド作成装置と利用の条件:

グリッド作成装置

LEICA EM-GP2

LEICA CPC

これ以外に、蒸着機、イオンコーターなどは存在しており、通常のクライオグリッド作成は可能

 

共同研究で無い場合は、利用料が必要。

コンサルティングが必要な場合とそうでない場合で、単価は異なる

利用者のみでの利用(時間貸し)も可能

可能な測定手法:

単粒子解析、トモグラフィー

興味のある研究対象:

画像処理を含めた構造解析一般

 © 2018 CryoEM Network