F1サイト​電顕

名古屋大学構造生物学研究センター

成田 哲博先生

電顕情報

機種、電子顕微鏡利用の条件:

FEI社 Polara(クライオ電子顕微鏡、CCD,エネルギーフィルタ付属)

日立H-7650 (負染色用TEM)

日立SU-9000 (負染色用STEM)

共同研究であれば可能

利用可能なグリッド作成装置と利用の条件:

Eiko IB-3 (グローディスチャージ)

ライカ EM-GP (クライオグリッド作成装置)

酢酸ウラン使用可能

可能な測定手法:

単粒子解析、トモグラフィー用の条件検討 (負染色、クライオ)。

高分解能データはE2サイトで撮影

興味のある研究対象:

線維構造を得意としている

 © 2018 CryoEM Network