F1

Cryo-EM

筑波大学

生存ダイナミクス研究センター

岩崎 憲治先生

電顕情報

機種、電子顕微鏡利用の条件:

JEM-1400+ELSAクライオホルダー

基本的にJEM-1400を用いたネガティブ染色による観察を目的に使用

経験の有無を問わず使用前に使用方法の講習を受ける

利用可能なグリッド作製装置と利用の条件:

染色方法については指導を行う.

酢酸ウラン染色試料の持ち込みは禁止

可能な測定手法:

ネガティブ染色可能な試料.

ミクロトーム+カメラも最新のものがあるが,それを使った切片作製の希望者は経験者に限る

興味のある研究対象:

がん腫以外のがんドライバー遺伝子翻訳産物

クライオ電顕関連メンバー

助教 宮崎直幸

助教 堀越直樹

 © 2018 CryoEM Network