F1サイト​電顕

九州大学

神田 大輔先生・真柳 浩太先生

電顕情報

本研究所「共同研究」への公募を通じての利用が望ましい。

機種、電子顕微鏡利用の条件:

FEI (現Thermo Fisher) G2 Polara,    

FEI T20

電子分光装置(エネルギーフィルター)

GIF Tridiem (G2 Polaraに設置)

それぞれの電子顕微鏡の操作を熟知している場合は利用者が操作

操作ができない場合は研究所スタッフによる観察

(G2 Polaraの試料交換は基本的に研究所スタッフが行う)

利用可能なグリッド作成装置と利用の条件:

親水処理装置 日本電子 HDT-400

凍結ロボットFEI Vitrobot

(操作を熟知している利用者は自身で操作可)

クライオミクロトーム Leica UC7/FC7

(基本的には研究所スタッフが操作)

可能な測定手法:

単粒子解析、トモグラフィー

興味のある研究対象:

膜タンパク質、核酸—タンパク質複合体

 © 2018 CryoEM Network