F1サイト​電顕

山梨大学大学院総合研究部医学域

小田 賢幸先生

電顕情報

機種、電子顕微鏡利用の条件:

JEOLのJEM-2100F(Energy filterなし)、Gatan626クライオホルダー 

電顕未経験者の場合は、講習を受けるか、内部責任者の立会が必要

電顕経験者の場合は、内部責任者が操作技術を確認した上で自身での操作が可能

 

利用可能なグリッド作成装置と利用の条件:

FEI Vitrobot MarkIV

内部責任者の立会の元で、自身での操作が可能

酢酸ウラン使用可

 

可能な測定手法:

単粒子解析は可能ではあるが、自動撮影ソフトは無い

トモグラフィーは自動撮影ソフトがある(TVIPS EM-TOOLs)

TVIPSのF216カメラなので、direct detectorでないことに注意

 © 2018 CryoEM Network